老人ホームでやっていることは

老人ホームでやっていることは、要するに介護になります。

それは当たり前ではありますが、改めて認識しておくべきことでもあります。



そうすることによって、現状をよく理解できます。

まず、介護の手がまったく足りていないです。老人ホーム自体はそんなに作ることに困るわけではないです。

それこそ、箱物ですから、土地があればできます。しかし、肝心の介護をする人がまったく足りておらず、物凄く困っている状況が今のところの日本です。
つまりは、これからの高齢化社会の為に慢性的な介護の手の不足をどうにかする必要があるわけです。こればっかりは方法としては、賃金を上げるしかないです。


ですが、それが難しいことであり、まず、国に負担がいくか、或いは個人に負担が多くなるのか、ということになります。

何しろ、介護事業というのは、補助金で成立っています。



保険で成立っているようなわけですから、労働者に高い賃金を与えようとすると一人当たりの単価を上げるしかないです。その方法としては、老人ホームの料金を高くするしかないわけですが、原則として、保険適用の介護には自由裁量がないので、保健適用外のサービスを展開して利益を出すか、国が支給を増やすかしかないです。

そこが非常に難しいことになっています。

何しろ、既に福祉の費用が国庫を圧迫しており、これ以上の負担には耐えられないからです。

その為、老人ホームの人手がまったく足りていない、と言う状況になっているのです。

介護付き有料老人ホームを紹介について知りたいならこちらのサイトは便利です。