老人ホームの種類とその特徴について

一言で介護施設と言ってもその種類は多岐に亘ります。
まず最初に老人ホームは、民間の介護事業者が運営している民間介護施設と、地方自治体または国が運営している公的介護施設に分類分けされます。

民間介護施設は基本的には有償サービスであり、その料金は公的介護施設に比べると高いというのが一般的です。但し、民間介護施設は料金が高い分、介護サービスが充実していたり、施設が充実しているケースが多いです。

次に公的機関が運営している施設についてですが、こちらは大きく介護療養型医療施設、介護老人保健施設および特別養護老人ホームの3種類に分類分けされます。

OKWaveに関する詳細です。

介護療養型医療施設は主に医療法人が運営する医療施設であり、特別擁護老人ホームや介護老人保健施設よりも重度な要介護者の受け入れを行っている施設です。

介護付有料老人ホームの情報はかなり役に立ちます。

この施設では食事や排泄の介助といった基本的介護サービスに加えて、専門的な医療ケアが提供されます。

但し、特別養護老人ホームとは異なり入所期限が設けられており、要介護者の様態が改善されてくると退所を求められるケースもあります。


介護老人保健施設は医療法人や社会福祉法人が運営する公的な介護施設であり、主に中度の要介護者の受け入れを行い、医療ケアやリハビリサービスを提供する施設です。
入所期間に定めがあり、所定の条件を満たさないと退所を求められるのも特徴です。



最後に特別養護老人ホームですが、こちらは主に重度の要介護者に生活の場を提供している施設であり、入所期限がないのが特徴です。